MIDLAND ミッドランド

  • Facebook
  • YouTube
  • カタログ請求
  • 修理受付のご案内
  • インカム詳細設定プログラム
  • お問い合わせ

インターカム

BT Xシリーズの装着方法

1.ヘルメットにステレオスピーカーを取り付ける。

ヘルメット内部の耳に当たる部分に付属のマジックテープでスピーカーを取り付けます。

【注意】
※運転中に周囲の交通状況を聞けるよう、両耳を完全にふさいでしまうような取り付けかたをしないよう注意してください。

2.マイクを取り付ける。(2種類)

マイクは、2種類付属しています。ヘルメットタイプに適したマイクを装着してください。

●ブームマイク:
オープンフェースタイプ、フロントフリップタイプのヘルメットに適したマイクです。 マイクに付いている両面テープとマジックテープで取り付けます。マイクの部分が、装着時に口の前に来るように取り付けてください。白色のマークが口側に向くように取り付けてください。風切りのノイズキャンセル機能を有効に活用できます。

●ワイヤードマイク:
フルフェイスタイプのヘルメットに適したマイクです。マイクに付いている両面テープとマジックテープで取り付けます。マイクの部分が、装着時に口の前にくるように取り付けてください。

3.オーディオキットを取り付ける。

オーディオキット(スピーカー・マイク)は、L字型タイプのコネクターを本体のオーディオキット接続端子(真ん中部分)に、しっかり差し込みます。

3.オーディオキットを取り付ける。説明画像

4.ヘルメットにブラケットを取り付ける。

本体取り付けブラケットは2種類同梱しています。(貼り付け型ブラケット・クランプ型ブラケット)ヘルメットに取り付けたブラケットに本体を装着してください。

●貼り付け型ブラケットを使用する場合
※両面テープ貼付け前に、本体をブラケットに取り付けた状態で最善の装着場所を確認してください。
①ヘルメットの取り付け部分から油分などの汚れを除去して、きれいな状態にします。
②ブラケットの両面テープのフイルムを取り外し、装着面に貼り付けます。しばらくそのまま固定して、装着を完全にしてください。

●クランプ型ブラケットを使用する場合
①ヘルメットの下から挟み込み、付属の六角レンチで締め付けます。
※クランプ型ブラケットにはスペーサーが付いています。
ヘルメットの形状に伴い必要に応じてスペーサーを取り外して取り付けてください。

【注意】
※ブラケットは、十分なる装着テストを元に設計、用意されていますが、本体のヘルメットからの脱着に伴う
事故、破損、損失、故障は、保障範囲から外れます。十分注意して取り付けてください。

4.ヘルメットにブラケットを取り付ける。説明画像

5.本体を装着する

①本体裏面のフック(2か所)をブラケットに合わせ、ブラケットサイドに押し込みます。
② ゆっくりと本体をスライドします。“カッチ”と音がしてロックします。

【注意】
※装着は完全に行ってください。本体が完全にブラケットにロックされていないと脱落する恐れがあり危険です。

3.オーディオキットを取り付ける。説明画像

取り外すには、

①本体を持った状態で、ブラケット上部のレバーをヘルメット側に押し込みます。
② レバーを押し込んだ状態で、ユニットを上部にスライドさせます。

3.オーディオキットを取り付ける。説明画像

インカム ワンポイントアドバイス

01. 動作中に、何モードにいるのか?よく分からなくなる事が有ります。
その際は、インカム ボリュームのプラスキーとマイナスキーを同時に3秒程押して頂くと、音声案内で、今の「モード」を伝えてくれます。
02. ラジオが入りにくいとご相談をおうけする事が有ります。
ミッドランドのインカムは、オーディオキットのスピーカーがラジオアンテナの役目をしています。
受信しにくい場合は、ヘルメットの中で、ワイヤーをよく伸ばして取り付けして頂く事をお勧めします。
03. 同梱のマイクについて
ミッドランドのインカムには、全モデル、マイクが2本付属でついています。フルフェイス用とジェット/システム用の2本です。
もう、どちらのヘルメット用のマイクを購入しなければならないか、迷う必要は有りません。
04. 外部入力端子について
ミッドランドインカムには、全て外部入力端子が付属で付いてきます。
これが中々便利な奴でして、外部入力端子から入ってくる音声は、全てにおいて音声ミックスされます。
例えばBluetoothで音楽を聴きながら外部入力端子でレーダーの音声を聞く、
例えばBluetoothでナビを聞きながら外部入力端子で音楽を聞く、等の使用方法をされている方、急増中です。
05. ボイスアクティベーション機能について
Bluetoothで接続されている携帯電話に着信が有った場合、音声で着信を受ける事が出来ます。
もうハンドルから手を離して、携帯電話の着信操作をする必要は有りません。