MIDLAND ミッドランド

  • Facebook
  • YouTube
  • カタログ請求
  • 修理受付のご案内
  • インカム詳細設定プログラム
  • お問い合わせ

よくある質問 回答集 インカム編

総合編

インカムのグループ通話(カンファレンス)モードとBT TALKアプリの兼用はできますか?

できかねます。どちらか一方のみのご利用をお願い致します。

インカムのFMラジオモードのオン-オフをキー操作で切り替えるには?

1. インカムの電源をオフにする(ミドルボタン バックワードボタンを、赤色LEDが3回点滅するまで押す)
2. セットアップモードにする(ミドルボタンを赤色LEDが点灯するまで7秒押す)
3. プラスボタンとミドルボタンを同時に3秒押す→青色LED3回点滅
⇒こちらで、FMラジオモードオフ完了。赤色LEDが自動的に点灯します。
4. ミドルボタンを2回押すとセットアップモードを終了します。
※FMラジオモードをオンに設定する場合は、3項で青色LEDが1回点滅するまでプラスボタンとミドルボタンを同時に3秒押してください。こちらで、FMラジオモード オン 完了となります。 その後の操作はオフ設定の場合と同様です。

雨天等でインカムを使用し、インカムが濡れてしまった場合の対処法は?

雨天でのご使用は浸水の原因となります。
雨天時はできるだけ早く取り外し、収納していただくようお願い申し上げます。
また、濡れた後はタオル等でふき取った後、風通しのよいところで水分をよく乾かしてください。
さらに、一晩以上、決して充電はせずに保管してください。
乾燥が不十分なまま充電が行なわれますと、インカム内部の腐食につながり、故障の原因となります。

上記のご対応をいただきますと、インカムが復活する可能性がございます。
再度電源を入れてご確認ください。

2013年モデルと2014年モデルとの互換性は?

2014年モデル(BT NEXT C, BT X2 FM, BT X1 FM)と 2013 年モデルの接続の際、2013年モデルのバージョンアップが必要になります。バージョンアップソフトは、 こちらよりダウンロードをお願い申し上げます。

走っている時(特にスピードを出している時)に音楽が切れたりするのですがなぜですか?

バックワードボタンを"ボックスオフ"の音声ガイダンスが流れるまで約7秒ほど長押ししてボイスアクティベーション機能をOFFにしてみてください。ボイスアクティベーション機能とは音声によりスイッチ操作を可能にする機能です。(つまりボイスアクティベーション機能がON状態で電話がかかってきた時、「もしもし」とマイクで話すことによりボタンを押さずに電話にでることが可能で、音楽を聴いている時に話しかけるだけでインカムモードになったりする機能です)スピードを出すことにより、マイクが風切音を音声と勘違いしてボイスアクティベーション機能が働いたためと思われます。さらに、無線を多用している建物を通過する時にも起こりますが無線の混線・競合によるもので製品のトラブルではありません。

電話かかってきた時に何もしないのに勝手に出ちゃうんですけど?

上記のご質問と同様ボイスアクティベーション機能をOFFにしてみてください。

携帯電話は何台接続できますか?

全機種携帯電話をプラス キーとマイナス キーにそれぞれ1台づつ、計2台接続可能です。聞きたい音楽の入った携帯電話をプラス キーに登録して下さい。マイナス キーに接続した携帯電話は電話機能のみ使用でき、音楽を聴くことはできません。
※2013年モデルは、ファームウェアをこちらよりバージョンアップすることにより携帯電話を2台接続できるようになります。

グループ通話はどんな機能?

4人で同時に通話することが出来る機能でミッドランド BT NEXT C モデルのみでお使い頂ける機能です。4人同時通話を行う際、相手との通信距離は最大 600m 程度となります。また、グループ通話時、Bluetooth機器の使用はできません。 Bluetooth機器の接続(ペアリング)を解除してご使用下さい。

フォンモード、又は、インカムモードへいきません。また音声ガイダンスが流れません。

携帯電話又はインカムを登録(ペアリング)しないとフォーン又は、インターカムモードへモード変更できない仕様となております。 携帯電話を登録するとフォーンモードへ、インカムを登録するとインターカムモードへ、インカムのモード変更することが可能になります。また、インカムのモード変更時にガイダンスが流れるようになります。

ユピテル社ナビはどこに登録すれば良いですか?

プラス キーへ接続をお願い致します。

バッテリーは劣化した時、交換できますか? 充電しながら使用できますか?

弊社での電池交換が可能です。保証期間内(購入時から1年です。消耗品は90日です。電池は消耗品ですが1年保証となります。)は無償、保証期間外ですと5000円程度にて、有償交換を予定しています。連続使用時間が18時間可能なスタミナバッテリーを積んでいますので途中での充電は必要無いと思われますが、充電しながらの使用は可能です。 ただし、バイクからの給電の電力が弱いと結果的に充電に必要な電力が足りていないことになりますので注意してください。

インカムのモードをインターカムモードで使用していた時にインカムとペアリングしている携帯に着信があった場合、インカムのモードをフォーンモードに切り替える必要がありますか?

インカムのモードをフォーンモードに切り替える必要はありません。 インカムのスピーカーより、電話の着信音が聞こえたらフォワード又はバックワードボタンを押し、電話の着信に応答することが出来ます。 携帯電話をペアリングした場所(ボタン)により、着信に応答する際、押すボタンが異なりますのでご注意下さい。ペアリングの場所と押すボタンの関係は以下の様になります。
携帯電話をプラスボタンとペアリング:フォワードボタン
携帯電話をマイナスボタンとペアリング :バックワードボタン

B+COM側からMIDLANDへの発信通話の仕方がわかりません

B+Comさんからの発信方法ですが、
【操作方法】
SB4Xの場合:リダイアル発信操作(丸いボタンの長押し)
SB213の場合:リダイアル発信操作(丸いボタンのダブルクリック)
※B+Comさん側からリダイアル発信で接続できない場合(B+Comさんとの接続が外れた場合)、SB4Xの場合:ボリュームを一度上げ、数秒後に2回目のピットと音が鳴る(接続完了)と思いますので、その後、リダイアル発信
SB213の場合:丸いボタンをワンクリック、数秒後に2回目のピットと音が鳴る(接続完了)と思いますので、その後、リダイアル発信

【注意事項】
B+Comさんの携帯電話のペアリング情報を一度削除し、BT NEXTだけを携帯電話として登録してください。 ミッドランドのインカムと通話する場合、B+Comさん側は、本物の携帯電話を登録しないで下さい。

携帯電話の電話機能と携帯アプリでのナビの音声、HSPのレーダー探知機の音声を聞きたいのですが、可能でしょうか?

全モデルで使用可能です。
携帯電話をプラスボタン、レーダーをマイナスボタンに登録(ペアリング)し、インカムのモードをフォーンモードにしてご使用下さい。
(1)ナビアプリがBluetoothの出力に対応している必要があります。
(2)携帯電話での通話中及びインカム通話中(インターカムモード含む)は、ナビの音声を聴くことができなくなります。
(3)インカムのモードがフォーンモード時のインターカム通話は、レーダーの音声が優先され、インカム通話が切断されます。インターカム通話を優先(通話を切断したくない)場合は、インカムのモードをインターカムモードしてご使用下さい。この場合、携帯アプリのナビ音声は、聞くことができなくなります。
※2013年モデルは、ファームウェアをこちらよりバージョンアップすることにより、使用可能となります。

Bluetooth 機器の接続保証は?

全ての Bluetooth 機器接続の保証を行うものでは有りません。 又、接続後の動作は、接続された機器に依存される場合が有りますので、他社製品の 動作は一部正しく作動しない場合が御座います。 近隣の店舗にデモ機が用意されておりますので、ご購入前に動作確認をお願い致します。

特定の機器の音声を常にミキシングさせることはできますか?

ミキシングしたい音声の機器をオーディオケーブルを使用してインカムの外部入力端子に接続してお使い下さい。

バックグランド機能とは?

インターカムモードでのインターカム通話時のみ働く機能で、インターカム通話を切断することなくマイナス キーに接続されているHSPのBluetooth 機器から出力される音声とインターカム通話の音声をミキシングして聞くことができる機能です。音楽/FMラジオを聞いている場合(携帯電話の通話以外)は、HSPのBluetooth 機器から出力される音声に切り替わります。 また、フォーンモード及びFMラジオモードでインターカム通話している場合は、HSPのBluetooth 機器から音声が優先されインターカム通話が切断されます。

商品の初期不良扱いは?

商品の初期不良扱いは、お客様ご購入後 30 日です。30 日以降のお問い合わ せは無償・有償を含む修理対応にて対処致します。

BT NEXT-CとBT X2 FMの通信距離は?

最大で800mです。常に弱い方に引っ張られるとお考え下さい。

基本編

Bluetoothとは何ですか?

2.4GHz帯の周波数を使用する、免許不要の短距離デジタル無線通信方式のことです。携帯電話、パソコン、パソコン周辺機器、ゲーム機、家電製品など、Bluetoothインターフェースを持つ機器同士を無線で接続し、音声やデータのやり取りが可能です。これまで、機器の接続にはケーブル類が欠かせませんでしたが、Bluetoothを使えばジャマなケーブルを使わずスッキリ手軽にワイヤレス接続できます。

ミッドランドのインカムは無線機(トランシーバー)ですか?

違います。ジャンルとしては無線機ですがトランシーバーと違い、インカム同士の通話は携帯電話と同じように相互の会話が可能です。

ミッドランドのインカムを使用するには無線の免許は必要ですか?

必要ありません。

ミッドランドのインカムは日本国内で使用できる認可を得ていますか?

日本国内で使用可能です。総務省が管轄する電波法に関するTELEC(テレック)の認証を得ております。

1600mも離れて通話できるので違法な通信機に違いない!

Bluetooth機器は最大通信範囲に1m、10m、100mと三種の製品がありますが、それらは使用可能範囲の目安として示されており、「それ以上電波が到達してはいけない」という法律上の制限事項ではありません。日本の電波法は機器が出して良い周波数、電波の形式、電波出力が規定されており、ミッドランド製品は認証された試験機関でこれらの試験を受けた上で適合証明書を取得しておりますので完全に合法的にご使用いいただけます。

海外ツアー等で使用できますか?

欧州(イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、スイス、オーストリア等)は、使用可能です。アメリカ合衆国、カナダは、認証は、取得しておりますが、本体に認証の記載が無いため、ご使用することは、お勧め致しません。

ミッドランドのインカムでは何ができるのでしょうか?

ミュージックプレーヤーの音楽を聞く、ナビの音声を聞く、携帯電話のハンズフリー通話をする、一緒に走るバイク同士での会話やタンデムでの会話をするが出来ます。

BTシリーズの違いは?

主に通信距離が短くなっています。また、接続出来る機器の数が違います。

他社のインカムとインターカム通話できますか?

ミッドランドのBTシリーズ全てのモデルで他社インカムとインターカム通話出来ます。他社のインカムにミッドランドのインカムを携帯電話として登録して使用します。ペアリングの方法は、マニュアルを参照願います。但し、この機能を使用すると、他社インカムにミッドランドのインカムを携帯電話として登録する為、他社インカムは、携帯電話をペアリングすることが出来なくなります。

ミッドランドに付属するスピーカーのクオリティはどうですか?

とても良い評価を得ています。 2011年の10月のMoto Land Magazineの音響(音質)の評価で、12社中、第1位となりました。 また、音響、機能、品質等を含め、総合評価でも第1位となり、とても高い評価を得ています。

ミッドランドのインカムに付属するスピーカーの取り付けは難しいですか?

とても簡単です。ヘルメット内部の耳にあたる部分に付属のマジックテープを両面テープを使用して貼り付け、マジックテープにスピーカーを貼りつけるだけです。

ミッドランドのインカムに付属するスピーカーの取り付け位置は音質に関係しますか?

はい、取り付け位置は音質に大きな影響があります。また、出来る限り、スピーカーを耳の近くに取り付けて下さい。音質を改善したいと思われる方は、色々、スピーカーの取り付け位置をかえて試してみる事をお勧めします。

マイクはジェットヘルメット用だけですか?

マイクは、2種類同梱されており、ジェットヘルメット及び、フルフェースヘルメットに取り付けが可能です。

インターカム通話で最大何台まで同時に通話できますか?

BT NEXT-Cは、同時に4人通話(自分含む)することができます。その他のモデルは、自分を含め、2人までです。

異なるモデル(BT X1からBT X2、BT X2からBT NEXT等)へのバージョンアップは可能ですか?

外観は、似ておりますが、内部の基盤、使用パーツが異なっておりますので、できません。

インターカム通話中に2台が通信可能距離を超えるとどうなりますか?

通話可能限界に近づくと、アラートを鳴らすような機能は、ありませんが、通信可能限界距離に近づくと通話中に音声がとぎれたり、クリックノイズが聞こえるようになります。 さらに離れると通話が切れます。再度通話開始をするには2台が近づいた後にインターカム通話を再開させてください。

Bluetooth機器を接続したいのですが、プラスキーとマイナスキーに接続出来るプロファイルを教えてください。

プラスキーは、HFP, A2DP, AVRCPに対応したBluetooth機器が接続可能です。
マイナスキーは、HFP,HSPに対応したBluetooth機器が接続可能です。
2013 年モデル(BTNEXT/X2/X1)は、バージョンアップすることにより、上記の対応となります。 バージョンアッ プソフトは、こちらよりダウンロード をお願いします。

シングル(一台)の販売はしていないのですか?

シングルモデルも販売しております。

シングルユニットとペアユニットの本体は同じものですか?

同じです。
シングルユニットとペアユニットそれぞれのセットに入っている本体ユニットは同じものとなっています。シングルユニットは本体およびスピーカーが一人分、ペアユニットはそれらが二人分同梱されています。もちろん、できる機能も全く変わりません。但し、マニュアル、充電器とクランプユニットのネジを締める為の六角レンチは、1セット分しか入っておりませんので、2つ分必要な場合、充電器又は、PCのUSBで充電する為のUSBケーブルは、別途ご購入いただく必要があります。マニュアルは、ホームページより、ダウンロードできます。

友達とデュアルパックを買って1台づつ分けようと思っていますが、アクセサリー類が気になります。
充電用アダプターとか2つありますか?

はい、デュアルパックにはシングルパックに入っているアクセサリー類が基本的に本体と共に2セットあります。但し、マニュアル、充電器とクランプユニットのネジを締める為の六角レンチは、1セット分しか入っておりませんので、充電器又は、充電用USBケーブルは、別途ご購入いただく必要があります。マニュアルは、ホームページより、ダウンロードできます。

風切り音のレベルってどうですか?

会話の内容がきちんと聞き取れる会話が可能です。高速道路でジェットヘルメットのシールド無しでの走行でも風切り音はするものの、会話には支障の無いノイズレベルです。一般公道ならどんなヘルメットでも風切り音をほとんど拾わずクリアな会話が可能です。また、本製品はオートバイ専用に設計されており、各種機能が有効に働き走行中でもはっきりした音で会話が可能です。具体的には、
(1)AGCテクノロジーを採用することにより、スピードや周囲の環境音に応じて、ボリュームが自動的に調整されます。
(2)DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用することにより、会話中の音声だけを抽出することにより、高速運転中にもクリアに会話できるようになっております。
(3)ブームマイクを使用した場合、高速運転中の風切り音が軽減される仕組みになっております。

高速道路などでスピードを出しても本当に聞こえますか?

本製品はオートバイ専用に設計されており、各種機能が有効に働き走行中でもはっきりした音で会話が可能です。具体的には、
(1)AGCテクノロジーを採用することにより、スピードや周囲の環境音に応じて、ボリュームが自動的に調整されます。
(2)DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用することにより、会話中の音声だけを抽出することにより、高速運転中にもクリアに会話できるようになっております。
(3)ブームマイクを使用した場合、高速運転中の風切り音が軽減される仕組みになっております。

ノイズキャンセリングって何ですか?

DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用することにより、会話中の音声だけを抽出することにより、風切り音やエンジンノイズを取り除くことです。この機能により、高速運転中にもクリアに会話できるようになっております。

ミッドランドのインカムの電源は?

電源は本体内に内蔵しているリチウムポリマーバッテリーで繰り返して充電をするタイプとなっております。乾電池での駆動はできません。

使用可能時間と待受時間はどれくらいですか?

最大待受時間:約900時間
最大連続通話時間:16時間

充電時間は?

約6時間で満充電、約2時間で80%の充電となります。

使用しながらの充電は可能ですか?

使用可能です。但し、充電時間等が長くなりますので、お勧めしません。

交換用の予備バッテリーはありますか?

用意しておりません。TELECの指導によりお客様に分解できない仕様になっております。

ミッドランドのインカムは防水仕様ですか?

はい、防水仕様です。 JISの防水保護等級4級(IPX4)の認可を取得しております。
ただし、完全防水ではありませんので、雨天時の長時間使用はお控え下さい。
雨に長時間さらされる状況での使用、水没、また濡れたままの放置は絶対にやめて下さい。
本体内部などに水が入り込み、基板やバッテリーのショートや故障につながる原因となります。
雨の中での使用は極力避け、濡れた本体は乾いた布などで速やかに拭いて下さい。
またこれらの要因による故障は保証の対象外となりますので、ご注意下さい。

Bluetooth機器は、最大何台登録できますか?

すべてのモデルでインカムのボリューム+ボタンと-ボタンにそれぞれ1台づつ、計2台のBluetooth機器を接続することが可能です。 2013 年モデル(BT NEXT/X2/X1)は、バージョンアップすることにより、対応可能となります。バージョンアップソフトは、 こちらよりダウンロードをお願いします。

ミッドランド インカムで音楽を聞くには?

(1)Bluetooth搭載の携帯の音楽を聴く場合
携帯電話をBTシリーズに登録していただければ、携帯の音楽を聴くことができます。また、携帯のミュージックプレイヤーをBTシリーズからコントロールすることができます。

(2)Bluetooth搭載のミュージックプレイヤーの音楽を聞く場合
ミュージックプレイヤーをBTシリーズに登録していただければ、音楽を聴くことができます。また、ミュージックプレイヤーをBTシリーズからコントロールすることができます。

(3)Bluetooth非搭載の携帯及び、ミュージックプレイヤーの音楽を聴く場合
ミュージックプレイヤーのAudioJackをBTシリーズの外部入力端子に接続して音楽を聴くことができます。但し、ミュージックプレイヤーの操作は、BTシリーズからできません。

二人乗りで音楽を二人で一緒に聞きたいのですが

1台の携帯音楽プレーヤーを二人(2台のBTシリーズ)で聞くためには、オーディオのヘッドホン端子に差し込みヘッドホン端子を二股に分ける「ステレオJAC用スプリッター」を家電店などでお求めください。そして、そのケーブルをそれぞれのBTシリーズの外部入力端子に接続することで可能です。

携帯電話の音楽は聞けますか?

聞けます。

ミッドランド インカムでナビの音声を聞くには?

Bluetooth搭載のGPSナビなら、BTシリーズにナビを登録してナビの音声案内を聞くことが出来ます。 また、ナビ本体にヘッドフォーン用ジャックがある場合、AudioケーブルをBTシリーズの外部入力端子に接続して音声案内を聞くことが出来ます。

ミッドランド インカムでナビの音声を聞くには?

Bluetooth搭載のGPSナビなら、BTシリーズにナビを登録してナビの音声案内を聞くことが出来ます。 また、ナビ本体にヘッドフォーン用ジャックがある場合、AudioケーブルをBTシリーズの外部入力端子に接続して音声案内を聞くことが出来ます。

音楽とナビの音声案内は同時に聞けますか?

以下の方法で聞くことが可能です。
(1)ミュージックプレイヤーをBTシリーズの外部入力端子に接続し、ナビをBTシリーズの+ボタンへペアリングしていただくことで可能です。
(2)HSP対応ナビの場合、ーボタンにナビを登録し、+ボタンに携帯又は、ミュージックプレイヤーをペアリングしていただくことで可能です。
ただし、音楽を聴いている時にナビの音声案内が入ってくるとナビの音声が優先されます。音声案内終了後、音楽に戻ります。
(3)ミュージックプレイヤー搭載のナビの場合は、BTシリーズにナビをペアリングして、ナビ側の機能を使用して音楽を聴くことができます。

2013 年モデル(BT NEXT/X2/X1)は、バージョンアップすることにより、対応可能となります。 バージョンアップソフトは、こちらよりダウンロード をお願いします。

ミッドランド インカムで携帯電話のハンズフリー通話をするには?

Bluetooth搭載の携帯電話なら、BTシリーズとペアリングするだけで、ハンズフリー通話が可能です。着信通話の開始、通話終了がボタン1つで行えます。また、一番新しい発信履歴の番号へリダイヤル発信も行えます。

Bluetooth対応携帯電話なら何でも使えるのでしょうか?

動作を保証する訳ではありませんが、 従来完全オリジナル設計が多かった日本の携帯電話も最近ではグローバル化が進み、グローバルスタンダード化しておりますので基本機能ではほとんど問題が発生しないと思われます。 接続後の動作は、接続された機器に依存される場合が有りますので、一部正しく作動しない場合が御座います。近隣の店舗にデモ機が用意されておりますので、ご購入前に動作確認をお願い致します。

今持っている機器にBluetoothが無いのでアダプターを接続したい。推奨するアダプターはありますか?

《携帯電話のお客様向けの回答》
国内携帯電話も7割近くにBluetooth機能が搭載され(平成22年1月時点)、今後も機能搭載モデルが増える傾向にあり、最新モデルで無ければ携帯買い換えコストがアダプター価格を下回ることもあります。現時点での価値もさることながら、今後数年使う事を考えればBluetooth機能付携帯への買い替えをお奨めします。
《音楽プレーヤー・GPSナビ機器のお客様けの回答》
これらの機器の音声出力は主に3.5mm(3極)のヘッドフォンジャックが使われ、この形状のアダプターは各種発売されています。 《外部入力端子を使用するお客様向け回答》
機器の音声出力は主に3.5mm(3極)のヘッドフォンジャックが使われております。 外部入力端子を持っていますので、外部入力端子接続ケーブルを使用して接続することができます。BT X1/X1FMは、オーディオケーブルが付属しておりませんので、別途ご購入していただく必要があります。 その他のモデルは、オーディオケーブルが付属しておりますので、付属のケーブルをご使用下さい。

今までと違う携帯電話をミッドランドインカムに接続する時は?

新しく接続する携帯電話とBTシリーズをペアリングして下さい。

BT REMOTEは、満充電にするのに、どの程度の時間を要しますか? 又、満充電で何日間のツーリングに耐えれますか?

電池が空の状態から、満充電まで約90分必要です。満充電の状態から約74時間の連続使用が可能です。概算ですが、一日、10時間使用して、約1週間程度使用可能です。

携帯電話での通話 又は、インターカム通話をしながら 音楽は聞けますか?

外部入力端子にミュージックプレイヤーを接続した場合、通話中に音楽を聴くことができます。

Bluetooth未搭載の携帯電話をミッドランドインカムでハンズフリー通話するには?

できません。

音楽、インターカム通話、携帯電話の優先順位は?

以下のような優先順位となっています。 音楽(A2DP)<インターカム通話(IPC)<携帯(HSP/HFP) 音楽再生中にインターカム通話又は、携帯から着信があった場合、音楽再生は中断され、インターカム通話又は、携帯の着信動作となります。 インターカム通話中に携帯電話の着信があった場合は、インターカム通話は、切断され、携帯電話の着信動作となります。

どんなヘルメットにでも装着が可能ですか?

フルフェイス、ジェットヘルメットであれば大抵のヘルメットに装着が可能です。但し、ハーフキャップタイプの物は、装着不可です。

バッテリーの寿命って何年くらいですか?

通常のご使用状態で、2年間はご使用頂ける設計となっております。 また、500回の繰り返し充放電が可能です。電池は準消耗品で経年劣化しますが、ヨーロッパでは消費者保護が大変進んでおり、リチウムイオン充電池利用製品のガイドラインとして500回充放電を繰り返しても元の性能の70%を保持することが要求されており、500回使うと完全に駄目になる訳ではありません。尚、電池が劣化した場合は弊社で電池交換サービス(有償)を行っておりますので長期間安心してご利用いただけます。

内蔵バッテリーが劣化した場合、バッテリー交換は可能ですか?

電池が劣化した場合は弊社で電池交換サービス(有償)を行っておりますので長期間安心してご利用いただけます。

電池交換を自分でしたいのですが。

本体の防水構造を維持し、また、電波法令による制限もありお客様が交換することはできません。 弊社の電池交換サービス(有償)をご利用ください。

操作編

電源がONになりません

ミドルボタンを約3秒間押して下さい。

電源がOFFになりません

ミドルボタンとバックワードボタンを同時に約3秒間押して下さい。

携帯電話とペアリングできません

(1)BTシリーズと携帯電話は、ペアリングモードになっていますか?
(2)携帯のブルートゥースは、ONになっていますか?
(3)BTシリーズのマニュアルを参照して、ペアリング情報をリセットして下さい。
(4)登録するブルートゥース機器以外の電源を落としてペアリングして下さい。
(5)すぐ近くで、電子レンジ、コードレス電話、無線LANが使用されていませんか?
   直近でそれらの機器が使われている場合、それらの機器から離れて、再度ペアリングを行って下さい。

携帯電話がミッドランドインカムを認識しません

(1)BTシリーズと携帯電話は、ペアリングモードになっていますか?
(2)携帯のブルートゥースは、ONになっていますか?
(3)BTシリーズのマニュアルを参照して、ペアリング情報をリセットして下さい。
(4)登録するブルートゥース機器以外の電源を落としてペアリングして下さい。
(5)すぐ近くで、電子レンジ、コードレス電話、無線LANのが使用されていませんか?
   直近でそれらの機器が使われている場合、それらの機器から離れて、再度ペアリングを行って下さい。

以前ペアリングした携帯電話と通信できません

(1)BTシリーズと携帯電話は、電源ONになっていますか?
(2)過去にペアリングした携帯電話電話では、ないですか?
携帯電話の登録は、1台までの登録となっていますので、新しく別の携帯を登録した場合、前の携帯のペアリング情報が上書消去されます。再度、ペアリングをして下さい。
(3)長い間、使用していなかったですか?
バッテリーが完全放電した為、ペアリング情報が消えた可能性があります。その場合は、充電を行った後に再度、ペアリングを行って下さい。
(4)ペアリング情報のリセット操作又は、工場出荷状態に戻しませんでしたか?
ペアリング情報のリセット操作、工場出荷状態にした場合、全てのペアリング情報がリセットされます。再度、ペアリングを行って下さい。
(5)すぐ近くで、電子レンジ、コードレス電話、無線LANが使用されていませんか?
直近でそれらの機器が使われている場合、それらの機器から離れてからご使用して見て下さい。

音が小さい

音量設定が小さすぎるかもしれません。通話中又は、音楽を聴いている時にBTシリーズの+ボタンを押してボリュームを調整して下さい。
また、携帯電話、ミュージックプレイヤー、ナビ等の機器側のボリュームを上げてみて下さい。

音が大きすぎる

音量設定が大きすぎるかもしれません。通話中又は、音楽を聴いている時にBTシリーズの-ボタンを押して ボリュームを調整して下さい。
また、携帯電話、ミュージックプレイヤー、ナビ側の機器側のボリュームを下げてみて下さい。

左右の音量バランスが違います

(1)ヘルメット用スピーカーの装着位置をご確認ください
左右のスピーカーの位置がきちんと耳の位置それぞれ正しくセットされていないと、左右の音の聞こえるボリュームが変わってきます。
(2)Audioキット、スピーカーのコネクターが確実に接続されていることをご確認下さい。
(3)携帯電話、ミュージックプレイヤー、ナビ等のオーディオバランスを確認して下さい。

接続機器ごとの音量がバラバラです

接続しているミュージックプレーヤー、ナビ、携帯電話などの機器側での出力音量を調整して下さい。

携帯電話の音声が聞こえません

(1)BTシリーズのボリュームを上げて見て下さい。
(2)Bluetooth接続しているミュージックプレイヤーなどの音量を上げて見て下さい。(ミュート状態になっていませんか?)
(3)Audioキット、スピーカーのコネクターが確実に接続されていることをご確認下さい。
(4)すぐ近くで、電子レンジ、コードレス電話、無線LANが使用されていませんか?
直近でそれらの機器が使われている場合、それらの機器から離れてから、ご使用して見て下さい。
(5)バッテリーの残量が十分ですか?
BTシリーズ、ミュージックプレイヤー、携帯電話等のバッテリーの残量が少なくなっている可能性があります。それぞれのバッテリーの残量をご確認下さい。
(6)ペアリングが正しく行われているかご確認下さい。

ワンセグテレビの音声が聞こえません

ワンセグテレビの音声は著作権保護「SCMS-T」方式となっており、この方式に対応していない為、聞くことができません。

携帯電話もしくはインターカム通話終了後、音楽が聴こえません

(1)音楽を聴いていた状態から、通話に行った場合は、BTシリーズのミドルボタンを再度押して下さい。
(2)音楽を聴いていなかった場合は、BTシリーズのモードをフォーンモードにして、BTシリーズのミドルボタンを押して下さい。

ミッドランドインカムでプロファイルを選択してペアリングする方法

プロファイルを選択してペアリングする方法は、ありません。

ミッドランドインカム同士のペアリングができません

(1)2014年モデル(BT NEXT C, BT X2 FM, BT X1 FM)と 2013 年モデル(BT NEXT/X2/x1)をペアリングする場合、2013年モデルのバージョンアップが必要になります。
バージョンアッ プソフトは、こちらよりダウンロード をお願いします。
(2)ペアリングするインカム同士以外のBluetooth機器をOFFにしてありますか?
周辺にBluetooth搭載機器が存在する場合、周辺機器もインカムを認識し、ペアリングが正しく行われない場合があります。
ペアリングする際は、ペアリングする機器以外の電源を切ってペアリングすることをお勧めします。
(3)BTシリーズ のLEDが赤点灯のまま残っていませんか?
BTシリーズのインカム同士をペアリングした後(青色に1回点灯)、連続して機器を登録できるようにセットアップモード(赤色に点灯)になります。
ミドルボタンをダブルクリック(2回素早く押す)して、セットアップモードを抜けて下さい。セットアップモードを抜けると青色LEDがゆっくり点滅します。
(4)ペアリングに失敗しているかもしれません。再度、ペアリングを行って下さい。

インカムと通話ができません

(1)ペアリングは、行いましたか?又は、失敗していませんか?
ペアリングを行っていない、若しくは、ペアリングに失敗した場合は、インターカム通話出来ません。再度、ペアリングを行って下さい。
(2)ボリュームが最小になっていませんか?
ボリュームを上げて見て下さい。
(3)マイクの向きが反対になっていませんか?
白いマークが口元にくるようにして下さい。
(4)Audiokitのコネクターがきちんと接続されていますか?
AudioKitとスピーカー、マイクのコネクターの接続を確認して下さい。
(5)バッテリーの残量は、十分ですか?
バッテリーの残量が少なくなっている可能性があります。バッテリーの状態を確認して、充電を行って下さい。

ミッドランドインカム同士の通話(通信)が途中で切れました、自動復帰しますか?

通信圏外に離れたり、障害物に隔てられたりして、通信がとぎれた場合は、自動復帰しません。
通信圏内に移動したと思われた時に再度、インターカム接続を試みて下さい。

音楽や通話が途切れたり、雑音が聞こえます

以下のことをお確かめ下さい。
(1)Audiokitのコネクターがきちんと接続されていますか?
AudioKitとスピーカー、マイクのコネクターの接続を確認して下さい。
(2)すぐ近くで、電子レンジ、コードレス電話、無線LANが使用されていませんか?
直近でそれらの機器が使われている場合、それらの機器から離れてから、ご使用して見て下さい。
(3)バッテリーの残量が十分ですか?
BTシリーズ、ミュージックプレイヤー、携帯電話等のバッテリーの残量が少なくなっている可能性があります。
(4)インカムの通信圏外付近にいませんか?
通信圏外付近になると、音声がとぎれたり、クリックノイズが聞こえる場合があります。通信圏内に近づいて下さい。
(5)携帯電話が通信圏外付近ではありませんか?
お使いの携帯電話の電波環境により、通話が不安定になる場合があります。

音声が遅れているように感じます

Bluetooth特有の現象で故障ではありません。

自分の声が聞き取りにくいようです

マイクの位置は、口の前5mm前後が適当です。
なるべく、口元をマイクに近づけて下さい。
また、マイクの白いマークが口元にくるようにして下さい。

ミッドランドインカムから電話の着信に出られません

(1)インカムから着信音が聞こえてから、フォワードボタン又は、バックワードボタンを押して下さい。
携帯電話をペアリングした場所(ボタン)により、着信に応答する際、押すボタンが異なりますのでご注意下さい。
ペアリングの場所と押すボタンの関係は以下の様になります。
携帯電話をプラスボタンとペアリング  :フォワードボタン
携帯電話をマイナスボタンとペアリング:バックワードボタン
(2)インカムから着信音が聞こえない場合、ペアリングに失敗している可能性があります。ペアリングを行って下さい。
(3)携帯電話の機種によって、ただしく、ペアリングできていても、電話に出られない場合があります。この場合、携帯電話を直接操作して下さい。
(4)ナビに携帯を登録している場合は、BTシリーズから電話にでることができません。ナビを操作して着信に応答して下さい。

ミッドランドインカムから電話が切れません

(1)フォワードボタン 又はバックワードボタンを一度押して下さい。携帯電話をペアリングした場所(ボタン)により、電話を切る際、押すボタンが異なりますのでご注意下さい。ペアリングの場所と押すボタンの関係は以下の様になります。
携帯電話をプラスボタンとペアリング :フォワードボタン
携帯電話をマイナスボタンとペアリング:バックワードボタン
(2)携帯電話の機種によって、ただしく、ペアリングできていても、電話を切ることができない場合があります。この場合、携帯電話を直接操作して下さい。
(3)ナビに携帯を登録している場合は、BTシリーズから電話を切ることができません。ナビを操作して、電話を切って下さい。

ミッドランドインカムからリダイヤルできません

(1)インカムのモードがフォーンモードになっていますか?
フォーンモードにしてフォワードボタンを約3秒押して下さい。
(2)携帯電話の機種によって正しくペアリングできていても、リダイアルできない場合があります。
この場合、携帯電話を直接操作して下さい。
(3)ナビに携帯を登録している場合、BTシリーズからリダイアルは、できません。
ナビを操作して、リダイアル発信又は、ダイアル発信を行って下さい。

インカムのモードの切替方法がわかりません

ミッドランドのインカムは、以下のモードを持っております。
使用する用途によってモードを選択する必要があります。
例えば、インターカム発信したい場合は、インターカムモードにします。
【モードの概要】
(1)フォーンモード
主に、携帯電話でリダイアル発信したり、携帯電話の音楽を聞くモードです。
(2)インターカムモード
インターカム呼出を行う時に使用するモードです。
(3)FMラジオモード
FMラジオを聞くモードです。
【モードの切替方法】
ミドルボタンを約3秒押して下さい。設定されたモードがガイダンスされます。
【現在のモードの確認方法】
現在のモードのガイダンスが流れるまでボリューム+と-を同時に長押しして下さい。

インカムの現在のモードを確認する方法は?

現在のモードがガイダンスされるまでボリューム+と-を同時に長押しして下さい。
FMラジオを聞いている場合は、ミドルボタンを一度押して、FMラジオをOFFにしてから上記操作をして下さい。

FMラジオが聴けない

(1)インカムのモードがFMラジオモードになっていますか?
FMラジオモードにして下さい。
(2)モードがFMラジオモードの場合、ミドルボタンを押して、ラジオをONにして下さい。

FMラジオをOFFにしたい

FMラジオモードでミドルボタンを押してラジオをOFFにして下さい。

携帯電話の音楽が聞けない

(1)インカムのモードがフォーンモードになっていますか?
フォーンモードにしてミドルボタンを押して、音楽を再生して下さい。
(2)携帯電話のペアリングが正しく、出来ているかご確認下さい。

登録したボタンを押してもインターカム呼出が出来ない

(1)インカムのモードがインターカムモードになっていますか?
インターカムモードにして再度お試し下さい。
(2)呼出するインカムの電源がONになっていることを確認して下さい。
(3)(1)、(2)を試してもダメな場合は、ペアリングに失敗している可能性があります。
再度、ペアリングを行って下さい。

他社インカムとインターカム通話ができない。

(1)インカムのモードがインターカムモードになっていますか?インターカムモードにして、再度お試し下さい。
(2)操作方法は合っていますか?取扱説明書をご確認下さい。
(3)呼出するインカムの電源がONになっていることを確認して下さい。
(4)(1)~(3)を試してもダメな場合は、ペアリングに失敗している可能性があります。再度、ペアリングを行って下さい。

ミッドランドのインカムでナビ(ユピテルナビ等)をBluetooth接続して、音声案内を聞くことが出来ますか?

はい、できます。
A2DP対応のナビは、プラスボタン
HSP対応のナビは、マイナスボタン
へ登録(ペアリング)することにより可能です。

ミッドランドのインカムでBluetooth接続したナビに入っている音楽を聞くことができますか?

はい、できます。
Bluetooth接続したナビのプロファイルにより、以下の様な操作方法となります。

【A2DP対応ナビ(ユピテル)】
フォーンモードで一度ミドルボタンを押した後、ナビの画面操作で音楽の再生/停止をします。

【AVRCP対応ナビ(Zumo660)】
フォーンモードでミドルボタンを押すことで音楽の再生、音楽再生中にミドルボタンを押すと音楽の停止
音楽再生中にフォワードボタンを押すと、音楽のスキップ、バックワードボタンを押すとリピート動作になります。

【HSP対応ナビ(Zumo500/550)】
ナビの画面操作で音楽の再生及び停止をします。

Zumo 550(660)に携帯電話をつないだ時、ミッドランドインカムで話ができますか。

はい、できます。但し、Zumo(ナビ)を操作して、発信、着信の応答をしていただく必要がります。

動作が不安定です

以下のことを確認して下さい。
(1)BTシリーズの電源を一度切って、再度電源を入れて見て下さい。
(2)マニュアルを参照して、工場出荷状態にして下さい。
工場出荷状態になった場合、ペアリング情報が消えてしまいますので、再度ペアリングを行う必要があります。
(3)接続されているブルートゥース機器(携帯、ナビ、ミュージックプレイヤー)の電源を一度切って、再度電源をONにして見て下さい。

Bluetooth接続したナビの音楽を再生をした場合、2台のインカムから音楽を聴けますか?

ナビにインカム2台をBluetooth接続(ペアリング)できる機能があれば可能ですが、現時点ではそのような機能はないように思われます。

ナビと音楽プレヤーのBluetooth接続は可能ですか?

HSP対応ナビであれば可能です。
マイナスボタンにナビ、プラスボタンに音楽プレイヤーを登録(ペアリング)して下さい。
A2DP対応ナビの場合は、ナビと音楽プレイヤーの2台をBluetooth接続はできませんが、どちらかをオーディオケーブルを使用して外部入力端子に接続して使用することができます。
例えば、音楽プレイヤーをプラスボタンに登録(ペアリング)し、 ナビの音声をオーディオケーブルを使用して外部入力端子に接続します。

2013 年モデル(BTNEXT/X2/X1)は、バージョンアップすることにより、上記の対応となります。
バージョンアッ プソフトは、こちらよりダウンロードをお願いします。

普段は音楽を聞きながら、ナビの音声案内を聞くことができ、なおかつ、電話の着信時には
ミッドランドのインカムで通話をしたい場合はどうすれば良いですか?

ナビの対応プロファイルにより、以下の様になります。

【A2DP対応ナビ(ユピテル/Zumo660)】
プラスボタンにナビ、マイナスボタンに携帯電話を登録(ペアリング)して下さい。但し、聴くことのできる音楽は、ナビに入っている音楽になります。

【HSP対応ナビ(Zumo500/550)】
プラスボタンの携帯電話、マイナスボタンにナビを登録(ペアリング)して下さい。但し、聴くことのできる音楽は、携帯電話に入っている音楽になります。

【ナビ、携帯電話、音楽プレイヤーの構成で使用する場合】
音楽プレイヤー又は、ナビの音声出力をオーディオケーブルを使用して外部入力端子に接続して下さい。
(1)ナビを外部入力端子に接続する場合
音楽プレイヤーをプラスボタン、携帯電話をマイナスボタンに登録(ペアリング)して下さい。
(2)音楽プレイヤーを外部入力端子に接続する場合
ナビのプロファイルにより、登録(ペアリング)する場所がことなります。
上記の【A2DP対応ナビ(ユピテル/Zumo660)】又は【HSP対応ナビ(Zumo500/550)】に従って登録(ペアリング)して下さい。

2013年モデル(BT NEXT/X2/X1)は、バージョンアップすることにより、上記の対応となります。
バージョンアップソフトは、こちらよりダウンロードをお願いします。

ペアリングしようとするとうまく行かないことがあります。どうしたら良いでしょうか?

ペアリングする機器のみ電源をONにして下さい。
例えば、インカム2台と携帯電話1台をペアリングする場合、インカム2台をペアリングする時、携帯電話のBluetooth機能をOFFにしてぺリングして下さい。
次に携帯電話とインカムをペアリングする時、携帯電話とペアリングしないインカムの電源をOFFにしてペアリングして下さい。
この様にペアリングとは関係のない機器の電源又は、Bluetooth機能をOFFにしてペアリングして下さい。

外部入力端子にナビ等の機器を接続した状態で、Bluetoothで接続した機器の音楽を聴くことはできますか?

はい、できます。

音声認識応答機能について(ボイスアクティベーション/ボイスアンサー機能)

BTシリーズは、2種類の音声認識機能があります。
(1)ボイスアンサー機能
電話がかかってきた時に、マイクに”もしもし”等 話かけることで、電話の着信に応答できます。
(2)ボイスアクティベーション機能
インターカムのマイクに向かって”もしもし”等 話かけることで、ミドルボタンに割り当てた相手とだけインターカム通話することが出来ます。

※マイクに話かけた時に声に反応しない 又は反応しづらい場合は、以下のことを試して下さい。
・マイクから口元の距離を5mm程度で話しかけて下さい。
・話しかける言葉に強弱をつけてみて下さい。
例えば、”もしもし”の場合、もし(強) 一拍程度休む(弱) もし(強)
・ボイスアクティベーション機能/ボイスアンサー機能がONになっているか確認してください。

雨で濡れてしまいました…

濡れた本体は乾いた布などで速やかに拭いて下さい。
JISの防水保護等級4級(IPX4)の認可を取得しております。
ただし、完全防水ではありませんので、雨天時の長時間使用はお控え下さい。
雨に長時間さらされる状況での使用、水没、また濡れたままの放置は絶対にやめて下さい。本体内部などに水が入り込み、基板やバッテリーのショートや故障につながる原因となります。雨の中での使用は極力避けて下さい。またこれらの要因による故障は保証の対象外となりますので、ご注意下さい。

バッテリーがすぐに空(バッテリーロー)になってしまいます。

満充電後にご使用願います。
また、満充電までに約6時間かかります。付属の充電器で十分充電してからお使い下さい。
満充電したにも関わらず、すぐにバッテリーが空になってしまう場合は、電池が劣化していると思われますので電池を交換することをお勧めします。
弊社で電池交換サービス(有償)を行っておりますのでご連絡下さい。

年月が経ったのでバッテリーを交換したいのですが可能ですか?

電池が劣化した場合は弊社で電池交換サービス(有償)を行っておりますので長期間安心してご利用いただけます。

Bluetooth編

Bluetoothの電波の飛距離はどれくらいですか?

電波の飛距離はBluetoothモジュールが準拠する「出力クラス」によって異なります。
使用可能範囲の目安は、以下の通りとなっており、
「それ以上電波が到達してはいけない」という法律上の制限事項ではありません。
デバイスの受信性能、使用環境や状況によって通信できる距離は、変わってきます。
■Bluetoothの出力クラス
・Class1 出力100mW 飛距離100m
・Class2 出力2.5mW 飛距離10m
・Class3 出力 1mW 飛距離1m

Bluetoothのバージョンとは?

Bluetoothには開発・発表の世代により、表のようなバージョンが存在します。バージョン1.1以降は互換性があるため、異なるバージョンのBluetooth搭載機器・製品でも通信することができます。
■Bluetoothのバージョン
・1.0b      Bluetoothの初期バージョン
・1.0b+CE   1.0bの致命的なエラーを修正したバージョン
・1.1      Bluetoothの普及バージョン
・1.2      2.4GHz無線LANとの干渉問題をクリアしたバージョン
・2.0      EDR対応ならVer1.2の約3倍のデータ転送速度(3Mbps)を実現
・2.1      ペアリングが簡略化され、バッテリーを最大で5倍延長できる「Sniff Subrating」機能を追加
・3.0      従来の約8倍のデータ転送速度(最大24Mbps)を実現 電力管理機能を強化し、省電力化を向上

Bluetoothプロファイルとは?

Bluetoothは、機器同士の通信を成立させるためのルールを持っています。このルールを「プロファイル」と呼びます。プロファイルはBluetooth機器の種類や機能によって様々な種類が定められており、異なるメーカー、異なる機器であっても、同じプロファイルを持っていれば、そのプロファイルに即した通信とやり取りができる仕組みになっています。特定の機能を使う場合は、その機能に即したプロファイルが双方の機器に実装されていなければなりません。
■代表的なBluetoothプロファイル
HSP(Headset Profile)
→Bluetooth搭載のヘッドセットと通信するためのプロファイル
HFP(Hands-Free Profile)
→ヘッドセットなどで電話のハンズフリー通話をするためのプロファイル
A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)
→音楽をレシーバー付きヘッドホンなどに送信するためのプロファイル
AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)
→AV機器のリモコン機能をコントロールするためのプロファイル
GAP(Generic Access Profile)
→機器の接続、認証、暗号化を行うための汎用アクセスプロファイル
ICP(Intercom Profile)
→2台の電話機やヘッドセット同士で直接通話するためのプロファイル

ペアリングはなぜ必要なのでしょうか?

ペアリングとは、どのBluetooth機器と無線接続するかを決める登録作業のことで、登録された機器とだけ接続を許可します。第三者のBluetooth機器との不意の誤接続、あるいは悪意ある接続・乗っ取り・盗聴などを防止するための仕組みで、Bluetooth機器は使用前に、このペアリングを行い、機器間の認証作業(ID交換など)を済ませなければ接続できないようになっています。

ペアリングは電源を入れるたびに必要ですか?

一度、ペアリングした機器の情報は、機器同士覚えておりますので必要ありません。
但し、どちらかの機器のペアリング情報を消してしまった場合、再度ペアリングを行う必要があります。

第三者にペアリングされることはありませんか?

例えば、携帯電話とBluetoothヘッドセットをペアリングさせる場合は、携帯電話とヘッドセットの両方でペアリングのための操作が必要です。さらに、ペアリングではヘッドセットに設定されている認証コード(PINコード)を携帯電話に正しく入力する作業も含まれます。そのため、ヘッドセットだけを持った第三者があなたの携帯電話をターゲットにペアリングすることは困難です。ただし、第三者によってあなたの携帯電話がダイレクトに操作されてしまった場合(例:置いてあった携帯電話を無断で操作するなど)は、当然、第三者のヘッドセットとのペアリングが可能となり、あなたの携帯電話が第三者によって半ば乗っ取られた形になってしまいます。なお、ペアリングの際は携帯電話に表示されているBluetoothデバイス名を確認し、覚えのないデバイス名にはアクセスしないようにして下さい。

近くで使われているBluetoothと混信しませんか?

Bluetoothは2.4GHzの広帯域(2402~2480MHz)の中に1MHzごと、79個のチャネルを持っており、毎秒1600回のチャネル切り替えを行いながら通信を行う、周波数ホッピング方式(FHSS:Frequency Hopping Spread Spectrum)を採用しています。このFHSSによって干渉(混信)の原因となる機器が周囲に存在していても、その影響が分からないぐらい、少なくしています(1chあたり、影響を受ける時間は、6.25ms)。また、Ver1.2から採用されたAFH(Adaptive Frequency Hopping)機能のおかげで、無線LAN、コードレス電話、電子レンジなどBluetoothと同じ2.4GHz帯を共有する機器が一定の周波数を占有しても、同じ帯域内で使用可能な周波数を自動的に検出し使用することで安定した通信を確保しています。同じ2.4G帯を使用するデジタルコードレス、電子レンジ、無線LANが同時に複数存在した場合は、使用可能な周波数の空きがなくなり、音声が途切れたり、ノイズが乗ったりすることがあります。この場合は、それらの機器から離れて使用してください。

盗聴の心配はありませんか?

Bluetoothが使用するデジタル無線方式は暗号化されているため、セキュリティが高く、盗聴の心配は基本的にありません。さらに周波数の超高速切り替え技術により、同一周波数での通信時間が極めて短いため、盗聴の心配はありません。

Bluetoothを使うにあたり無線免許は必要ですか?

必要ありません。Bluetoothが送受信に使用している2.4GHz帯の周波数は、無線免許なしで誰でも自由に、そして無料で使える産業・科学・医療用の周波数帯です。なお、無線LANも同じ2.4GHz帯を使用する免許不要で使用可能な無線デバイスです。
また、本製品は日本の電波法で定められた技術基準を満たし公式な認証機関で技術適合証明を取得していますので、合法的にご使用いただけます。

Bluetoothの電波は人体に影響はありませんか?

Bluetoothは携帯電話が発する電波よりも微弱な出力で通信できるように設計されており、携帯電話の電波よりも人体への影響は低いといわれています。ただし、一部の医療関係機器などの中には干渉を受ける可能性が否定できないものも存在するため、それら精密機器の近くでは使用を控えて下さい。

バイクの電子部品、パソコンや家電などに影響はありませんか?

電波出力が弱く、また外部への影響を考慮した設計となっているため、Bluetoothデバイスが他の電子機器に影響を及ぼすことは基本的にありません。しかし、Bluetoothと同じ周波数帯域を使用する以下の機器、さらに医療関係機器が近くに存在する時は、電波干渉によるトラブルを防ぐため、Bluetooth機器の使用を中断するか、場所を変えて使用して下さい。
■電子レンジや心臓ペースメーカーなどの産業・科学・医療用機器など
■工場の製造ラインなどで使用される免許を必要とする移動体識別用構内無線局
■免許を必要としない特定小電力無線局
■アマチュア無線局
■IEEE802.11g/b規格の無線LAN機器

音響・取付編

ミッドランドインカムに付属するスピーカーのクオリティはどうですか

とても良い評価を得ています。
2011年の10月のMoto Land Magazineの音響(音質)の評価で、12社中、第1位となりました。
また、音響、機能、品質等を含め、総合評価でも第1位となり、とても高い評価を得ています。

ミッドランドインカムに付属するスピーカーの取り付けは難しいですか

とても簡単です。ヘルメット内部の耳にあたる部分に付属のマジックテープを両面テープを使用して貼り付け、マジックテープにスピーカーを貼りつけるだけです。

ミッドランドインカムに付属するスピーカーの取り付け位置は音質に関係しますか

はい、取り付け位置は音質に大きな影響があります。
また、出来る限り、スピーカーを耳の近くに取り付けて下さい。
音質を改善したいと思われる方は、色々、スピーカーの取り付け位置をかえて試してみる事をお勧めします。

マイクはジェットヘルメット用だけですか?

マイクは、2種類同梱されており、ジェットヘルメット及び、フルフェースヘルメットに取り付けが可能です。

どんなヘルメットにでも装着が可能ですか?

フルフェイス、ジェットヘルメットであれば大抵のヘルメットに装着が可能です。但し、ハーフキャップタイプの物は、装着不可です。

高速道路などでスピードを出しても本当に聞こえますか?

本製品はオートバイ専用に設計されており、各種機能が有効に働き走行中でもはっきりした音で会話が可能です。具体的には、
(1)AGCテクノロジーを採用することにより、スピードや周囲の環境音に応じて、ボリュームが自動的に調整されます。
(2)DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用することにより、会話中の音声だけを抽出することにより、高速運転中にもクリアに会話できるようになっております。
(3)ブームマイクを使用した場合、高速運転中の風切り音が軽減される仕組みになっております。

風切り音のレベルってどうですか?

会話の内容がきちんと聞き取れる会話が可能です。高速道路でジェットヘルメットのシールド無しでの走行でも風切り音はするものの、会話には支障の無いノイズレベルです。一般公道ならどんなヘルメットでも風切り音をほとんど拾わずクリアな会話が可能です。
また、本製品はオートバイ専用に設計されており、各種機能が有効に働き走行中でもはっきりした音で会話が可能です。具体的には、
(1)AGCテクノロジーを採用することにより、スピードや周囲の環境音に応じて、ボリュームが自動的に調整されます。
(2)DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用することにより、会話中の音声だけを抽出することにより、高速運転中にもクリアに会話できるようになっております。
(3)ブームマイクを使用した場合、高速運転中の風切り音が軽減される仕組みになっております。

ノイズキャンセリングって何ですか?

DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用することにより、会話中の音声だけを抽出することにより、風切り音やエンジンノイズを取り除くことです。この機能により、高速運転中にもクリアに会話できるようになっております。

マイクのスポンジって意味がありますか?

DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を使用することにより、ノイズキャンセリングを行っておりますが、さらに、風切り音のノイズを軽減させる為、マイクの構造を工夫し、メカニカル的にもノイズを軽減させております。この為、マイクのスポンジは、必要です。

Audioキット及びスピーカーケーブルのコネクターが奥まで入りません。

防水性能を高める為にきつくしてあります。申し訳ございませんが、きちんと挿入して使用して下さい。

スピーカーを取り付けて被ると耳が痛いのですが、、

特にフルフェイスでは耳との隙間が少ないので弊社の極薄スピーカーでも人により痛くなるケースがあります。そのような場合、内装スポンジを削る、場合によってはヘルメットを大きい物に変えることをお勧めします。

スピーカーの音が聞きにくいのですが、、

個人差もありますが、耳の空間が多く聴き難くなる場合があります。
ホームセンターなどで販売しておりますウレタンシートで隙間を調整して頂くことをお勧めします。

複数のヘルメットを持っておりますが、BT NEXT/X2/X1を一台所有しており、ヘルメットに
いちいち付け替えるのが面倒です。何か良い案はありませんか。

クランプユニットや、両面テープで接着した場合、別のヘルメットに取り付けるのがとても面倒に感じることがあると思います。そんなときはこのようなオプション品をご利用いただけると便利かもしれません。オーディオキット(C1008)+マウンティングキット(C1009)

音が小さい

音量設定が小さすぎるかもしれません。通話中又は、音楽を聴いている時にBTシリーズの+ボタンを押して ボリュームを調整して下さい。
また、携帯電話、ミュージックプレイヤー、ナビ等の機器側のボリュームを上げてみて下さい。

音が大きすぎる

音量設定が大きすぎるかもしれません。通話中又は、音楽を聴いている時にBTシリーズの-ボタンを押して ボリュームを調整して下さい。
また、携帯電話、ミュージックプレイヤー、ナビ側の機器側のボリュームを下げてみて下さい。

左右の音量バランスが違います

以下のことを確かめて下さい。
(1)ヘルメット用スピーカーの装着位置をご確認ください
  左右のスピーカーの位置がきちんと耳の位置それぞれ正しくセットされていないと、
  左右の音の聞こえるボリュームが変わってきます。
(2)Audioキット、スピーカーのコネクターが確実に接続されていることをご確認下さい。
(3)携帯電話、ミュージックプレイヤー、ナビ等のオーディオバランスを確認して下さい。

接続機器ごとの音量がバラバラです

接続しているミュージックプレーヤー、ナビ、携帯電話などの機器側での出力音量を調整して下さい。

音声が遅れているように感じます

Bluetooth特有の現象で故障ではありません。

自分の声が聞き取りにくいようです

マイクの位置は、口の前5mm前後が適当です。
なるべく、口元をマイクに近づけて下さい。
また、マイクの白いマークが口元にくるようにして下さい。

新品のヘルメットと同時購入をする場合、ベストの選び方は?

個人差がありますので一概に言えませんがフルフェイスの場合、MかL で迷われる方はL をお勧めします。(少しだけ大きめ)JET ヘルメットの場合、耳にスペースがあるヘルメットでしたらジャストサイズが良いと思います。